避暑地で涼もう!コテージで過ごす女子旅のススメ★

避暑地で涼もう!コテージで過ごす女子旅のススメ★

避暑地で涼もう!コテージで過ごす女子旅のススメ★

コテージは家族や男女で過ごすところだと思っていませんか。いやいや女子だけでも十分楽しめます!
女子だけでも楽しめるコテージのポイントを探してみました。今年の夏はコテージで、素敵な時間を過ごしませんか。

避暑地で涼もう!コテージで過ごす女子旅のススメ★

TOP画像出典:instagram.com

火おこしができなくても大丈夫!バーベキューを楽しめます★

女子だけでのコテージで最大のネックは、誰が火をおこすかということ。今時のコテージは、そんな女子達の代わりに、コテージの施設の人が火をおこして準備してくれるところもあるのです!火おこしに自信がない場合は、そんな基準でコテージを探してみるのもいいかもしれません。

筆者出典

出典:

こちらはガスボンベタイプのものになります。そのため、火をおこす手間はかかりません!また、突然火が燃え上がっても、ガスコンロと同じように調節すればいいので、簡単にバーべキューを楽しめます★

自然に癒され、マイナスイオンUP★体の中からキレイになろう!

筆者出典

出典:

「マイナスイオン」が与える効果を知っていますか。一般的に自然が多いところではマイナスイオンが多く、「気持ちがいい」と感じることが多いでしょう。でも、それだけではありません。マイナスイオンを体内に取り入れることで、免疫力を高め、体の中からキレイになることができるのです!「いつまでもキレイでいたい!」そんな乙女心を叶えてくれます★

すっぴんでも気にしない!私たちだけのプライベートルーム★

コテージは全員で一つの棟に泊まるので、ホテルのように部屋が分かれることはありません。また、隣のコテージも離れているため、周りを気にせず、プライベートな時間を過ごせます。夜に困ったことがあった場合もフロントに電話をすれば、対応してくれるコテージもあるので安心です★

夜はみんなで布団を敷いて、川の字になって寝ます。普段と違う状況にわくわくすること間違いなし!コテージの中にはお風呂もトイレもあるところも多いので、普通の家と同じように快適に過ごせます★近くに温泉があるコテージを探せば、お風呂を待つ時間も気になりません。早く化粧を落として、女子会トークで盛り上がりましょう!

せっかくだからアクティビティも楽しみたい★

筆者出典

出典:

ただコテージに泊まるだけじゃない。その近くでできること、したいことを事前に計画しておくと、コテージ宿泊がさらに楽しくなります!また、やりたいことをメインにしてコテージを探すのも一つの方法です。写真は、コテージの近くにあったアスレチックに挑戦したときの写真です。専用のハーネスを付けて、様々な障害物を乗り越えて、ゴールを目指します。体力に自信が無くても、気軽に楽しめます★

夏といったらやっぱり花火は欠かせない!コテージの施設内で花火を楽しめるところもあります。みんなで花火をしたいと思ったら、事前に花火ができるかどうかをコテージ側に確認しておくといいです。ただし、火の始末だけはお忘れなく。

~番外編~コテージ宿泊であるといい便利グッズ

1.サンダル
コテージの中のキッチンで切った野菜等を運んだりするのに、コテージとバーベキュー場を行ったり来たり。そんなときに、すぐに履けるサンダルは重宝します!中でも着脱のしやすいものがおすすめです。

View this post on Instagram

#バーベキュー#ホイル焼き

A post shared by naoya nishina (@naoya_nishina) on

2.アルミホイル/サランラップ
アルミホイルはバーベキューでの鉄板「ホイル焼き」にお役立ち!作り方もいたって簡単★材料と調味料をホイルの中に閉じ込めて、鉄板の上に置いて、湯気が出てくるのを待つだけ!ただし、出来たては熱いので十分注意を!

サランラップは電子レンジで食材を加熱するだけではありません。お皿の上に敷いて使うことによって、お皿が汚れず、洗い物もとっても簡単★また、余ってしまった食材を包むのにも重宝します。

3.お米
コテージに行く途中で買えばいいと思っていませんか。しかし、スーパーで売ってるお米は1キログラム○○円~と量が多いのが難点。夜はバーベキューで朝にお米を炊きたいのであれば、3合あれば足ります。人数にもよりますが・・・。ちなみに、私たちは6人で3合炊いてちょうど食べきれる量でした★

mautic is open source marketing automation