フランスといえばパン!パリジャンが熱中するブーランジェリー

フランスといえばパン!パリジャンが熱中するブーランジェリー

フランスといえばパン!パリジャンが熱中するブーランジェリー

 パリ10区サン・マルタン運河のそばにある、地元のパリジャンに人気で行列の絶えないブーランジェリー。今回はDu Pain et Des Idees(デュパン・エ・デジデ)をご紹介!パリに行った際には、お散歩がてら立ち寄ってみてはいかかでしょうか♪

フランスといえばパン!パリジャンが熱中するブーランジェリー

TOP画像出典:instagram.com

歴史的建造物に登録されたパン屋

 2002年に開業されたパン屋。1889年に建設され、色つきやガラスの天井など当時のまま保存されたお店。

 オーナーが趣味で集めた様々なアンティークの装飾品が、1900年代のブーランジェリーの世界へとあなたを連れて行ってくれますよ。

こだわりの製造とは・・・?

View this post on Instagram

Du Pain et des Idées, because yes.

A post shared by Liz Kohl (AKA Ellis Pendens) (@ellispendens) on

 パン屋の伝統的な精神を守り、パティスリーは作らず商品はすべて自家製。こだわりの製法によって作られたパンは、一度食べたらもっともっと食べたくなってしまいます。

 すべてのパンは石釜で焼いているため、外はごつくどっしりと、中はしっとりとした味わいが魅力的です。

来店した誰もがオススメ!人気ナンバー1

http://syncer.jp/instagram-hashtag-search

出典:syncer.jp

 お店の代表的なパンはPain des Amis(パン・デ・ザミ)

 「友達のパン」という意味で、他のパン屋さんではお目にかかれません。小麦の味がしっかりしており、栗やへーセルナッツの香りが優しく広がるパンです。そのまま食べてもよし、トーストしてバターをつけても美味しくいただけます。

オーナーが目指すもの!知るには来店!

http://syncer.jp/instagram-hashtag-search

出典:syncer.jp

 ある映画の一部分に、オーナーの気持ちがすべてが凝縮されています。”「あなたが今まで出会ったことがないパンを作りましょう・・・愛情と、そしてたっぷりの友情もつまっているパンを」”

 目指しているパン作りとは、まさにこのこと。

焼きたてのパンをすぐそこで♪♪

 パンを買ったらお店の外にあるテーブルで食べるのもよし、近くのサン・マルタン運河を眺めながら食べるのもおすすめです。
 パリに行ったらぜひ立ち寄ってみてください。あなたもパリジャンに仲間入りしましょ♪

住所:Du Pain et des Idées 34 rue Yves Toudic 75010 Paris
http://dupainetdesidees.com/jp/historique.html

mautic is open source marketing automation