ドーハは本当に退屈?意外と見つかる観光スポット2選

ドーハは本当に退屈?意外と見つかる観光スポット2選

ドーハは本当に退屈?意外と見つかる観光スポット2選

カタールの首都・ドーハは、「世界一退屈な都市」と呼ばれています。
そんなドーハですが、近年では建築物が増えてきていたり、2022年にはサッカーのワールドカップの開催が控えているなど、退屈な都市から急成長を遂げていることをご存知ですか?
行く価値アリのドーハで、退屈しないオススメ観光スポットをご紹介していきましょう!

ドーハは本当に退屈?意外と見つかる観光スポット2選

TOP画像出典:pixabay.com

イスラム美術館

イスラム美術館は、パリにある有名なルーブル美術館を手掛けた建築家と同じ人が建てた美術館です。
イスラム美術館は港から少し離れた人工島に建てられています。
建物は白く角ばっているので、まるで角砂糖で作られたかのような面白い建物に多くの人々が目を留まらせます。
外見からアートな雰囲気を感じるイスラム美術館ですが、中に入るとさらにアートを楽しめるようになっています。
広大な空間の中にある美しい造形の数々に感動すること間違いないでしょう。
エントランスの天井を見ると、万華鏡のように美しい天井がお出迎えしてくれます。
奥の方は一面ガラス張りになっているので、太陽の光が入り込み、広い美術館全体を明るく照らしてくれるので、気持ちの良い空間です。
足元の階段から天井まで、様々な場所からアートを感じられるため、美術館全体を移動していても楽しめるでしょう。
カフェスペースもあるので、休憩するのにもオススメです。

スーク ワーキフ

https://pixabay.com/photo-3262482/

出典:pixabay.com

スーク ワーキフはアラビアンな雰囲気を味わえる場所で、スークとはアラビア語で市場という意味になります。
スーク ワーキフの市場を見ているだけでも、たくさんのカタール文化を見ることができます。
ここではお土産を買うというより、地元の人たちが使う日用品などが売られています。
金物、布、食品といった形で売り場が分かれているので、見て回りやすいです。
この場所でオススメするのが化粧品のアイライナー売り場です。
中東の女性の皆さんはとても綺麗にアイライナーを引いていますよね。
ここにはたくさんのアイライナーが売られているので、女性の方はぜひお土産に買ってみてはいかがでしょうか?
また、スーク ワーキフには動物マーケットもあり、そこではラクダが売られていたりと、日本では見ることのできない光景に驚きます。
ファルコンマーケットと呼ばれる鷹屋さんが有名で、現地の人が買ったばかりの鷹を肩に乗せて歩く姿は、カタール人らしさが出てて見物です。
夕方になると砂漠の町のような異国情緒漂う雰囲気も堪能できます。

今回は2ヶ所厳選してご紹介してきましたが、ドーハは他にも素敵な観光スポットが目白押しです。
ぜひ皆さんも砂漠と港が織りなす美しい街・ドーハを堪能してみてはいかがでしょうか。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation