何が名物?意外と知らない茨城の名産品3選

何が名物?意外と知らない茨城の名産品3選

何が名物?意外と知らない茨城の名産品3選

全国都道府県魅力度ランキングで最下位常連の茨城県。
一見、名物がなさそうな茨城県ですが、実は知る人ぞ知る名物・名産品があるんです。
意外と知らない茨城の名産品3選をご紹介しましょう。

何が名物?意外と知らない茨城の名産品3選

TOP画像出典:pixabay.com

ファームクーヘン・フカサクのメロンバーム

ファームクーヘン・フカサクは5つの世界大会で受賞経験があるバームクーヘン専門店です。
そんなすごいお店が茨城にあるなんて…と、意外だと感じる人も多いはず。
まさに隠れた名店ですね。
「ファームクーヘン・フカサク」のメロンバームは、2014年の「第1回茨城おみやげコンクール」で最優秀賞を受賞しました。
茨城県は日本有数のメロンの産地です。
地元の特産品メロンを贅沢に使用したメロンバームは、意外と知らない茨城の名産品の筆頭でしょう。
メロンバームには、メロン丸ごと1個分のピューレが使われています。
そして、中にはメロンようかんがぎっしりと詰められています。
形もメロンそっくり、味も納得という茨城の新しい名産品ですよ。

幸田商店のべっ甲ほしいも

https://pixabay.com/photo-1666707/

出典:pixabay.com

茨城県はサツマイモの名産地でもあります。
サツマイモを干した「ほしいも」は、昔から地元で愛されてきました。
そんな、ほしいもも最近では高級なタイプなど様々なこだわり商品が開発され、茨城が誇る名品になっています。
ほしいもには、薄くスライスした平干しタイプと、丸い形のまま干した丸干しタイプがあります。
一般的に、丸干しタイプはもっちり、しっとりとした食感で高級品として流通しています。
平干しタイプは、固めで乾いているものが多いです。
しかし「幸田商店のべっ甲ほしいも」は、平干しなのにジューシー!
「第1回茨城おみやげコンクール」では奨励賞を受賞しました。
べっ甲色に輝く、美味しいほしいもはぜひ食べたい茨城の味ですね。

柳田米菓本舗のにんにく煎餅

ハマる人続出の知られざる名品といえば、柳田米菓本舗のにんにく煎餅でしょう。
袋にはラーメンどんぶりの渦巻き模様が描かれ、なんともレトロな雰囲気。
ニンニクの香りと醤油の味が絶妙にマッチし、一度食べたらまた食べたくなると評判です。
お店は茨城県の八千代町にあり、近隣の市内のスーパーマーケットでも取り扱いがあります。
季節により味を微妙に変えるなど、店主のこだわりが詰まった茨城の知られざる名品ですね。
運が良ければお得な壊れせんべいに出会える時もありますよ。

隠れた名物・名産品がいっぱいの茨城県。
意外と知られていない名産品が、茨城の魅力を知るきっかけになるといいですね。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation