岩手に行くならココは外せない!鉄板の人気観光スポット3選

岩手に行くならココは外せない!鉄板の人気観光スポット3選

岩手に行くならココは外せない!鉄板の人気観光スポット3選

岩手県は、本州の東北沿岸部に位置しており、広大な面積を持っています。
海と山のどちらも有している岩手県には、美しい自然の観光スポットや世界遺産まで見どころ満載となっているでしょう。
今回は、岩手県へ行ったら外せない鉄板の観光スポットを厳選してお届けします。

岩手に行くならココは外せない!鉄板の人気観光スポット3選

TOP画像出典:pixabay.com

平泉

https://pixabay.com/photo-334714/

出典:pixabay.com

平泉は、岩手県の南西部に位置する町で、平成23年に世界文化遺産登録されたスポットとしても有名です。
世界遺産平泉は、中尊寺や毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山の5つから構成されており、いずれも浄土思想の考え方に基づき建てられた寺院や庭園、遺跡が保存されています。
この5つの寺院などは、この世界に理想の世界を作り出そうと海外からの影響も受けながら独自の発展を遂げたものです。
それぞれに見どころがあるため、岩手県へ行ったら平泉を時間をかけて回ってみても良いでしょう。

猊鼻渓

岩手県最南端の一関市東山町に位置している「猊鼻渓」は、その雄大な自然から日本の史跡名勝天然記念物に指定され日本百景にも登録されています。
100m以上の高さがある岩壁は、2kmにわたって続いており、見る者を圧倒するでしょう。
また、行く季節によって顔を変える猊鼻渓は、いつ観光へ行っても楽しめること間違いないです。
猊鼻渓の観光名物として、舟下りをおすすめします。
春・夏・秋は雨天以外は屋根や囲いがないひら舟で、冬には屋形のこたつ舟が運行しており、寒い冬でも川下りが楽しめることでしょう。
エンジンもない舟なので、ゆったりとした川下りで圧巻な情景に引き込まれることができます。
川下りのメインとして、猊鼻渓という名前の由来でもある「大猊鼻岩」と「獅子ヶ鼻」と呼ばれる鼻の形をした岩を目の前で見ることもできますよ。

カッパ淵

岩手県遠野市に位置する「カッパ淵」は、その名の通りカッパが生息していると伝えられています。
カッパとは、日本の池や川、沼に生息している妖怪で、その存在は未確認ではありますが、江戸時代の書記には目撃談も綴られているほどです。
妖怪カッパを知らない人はいないほど、知名度も高い存在ですよね。
カッパ淵では、カッパ釣りをすることができ、淵の近くに置いてある釣竿を自由に使うことができますが、カッパを捕獲するためのカッパ捕獲許可証が必要となるため注意してください。
カッパ淵に隣接している「常堅寺」は、カッパにまつわる伝説が多くあるため、カッパ淵へ行かれた際には常堅寺へも行ってみるとより楽しめるでしょう。

岩手県の観光スポットを厳選して3つご紹介しましたが、いかがでしたか?
広大な自然と由緒ある歴史に触れる岩手旅行を満喫してください。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation