福島に行ったら何を食べるべき?おすすめ定番グルメ3選

福島に行ったら何を食べるべき?おすすめ定番グルメ3選

福島に行ったら何を食べるべき?おすすめ定番グルメ3選

みちのく・福島といえば、東北ならではのグルメが魅力ですよね。
福島県は海沿いの浜通り地方、内陸部の中通り地方、山間部の会津地方とそれぞれのエリアごとに特色のある食文化があります。
海の幸も山の幸もいっぱいある福島で食べるべき、おすすめ定番グルメ3選をご紹介します。

福島に行ったら何を食べるべき?おすすめ定番グルメ3選

TOP画像出典:pixabay.com

浜通りなら「うに貝焼き」と「どぶ汁」

海産物が美味しい海沿いエリアの浜通りにあるいわきの名物が「うに貝焼き」と「どぶ汁」です。
うにの貝焼きは漁師の保存食として明治時代から愛されてきました。
貝焼きに使われるうには基本的には「ムラサキうに」で、海水でうにの汚れを取り除きホッキ貝の殻に生うにを重ねて炭火で焼いたり、蒸し焼きにしたりして食べます。
ムラサキうには加熱するとさらに濃厚さが増すのが魅力で、1つのうに貝焼きには約4~5個のうにがたっぷりと使用されます。
いわき市内の和食処で提供されるほか、駅弁でも「うに貝焼き食べくらべ弁当」として味わうことも!
「どぶ汁」は強烈な名前ですが、知る人ぞ知る究極のアンコウ鍋としておすすめのグルメです。
夏のおすすめが「うに貝焼き」なら、冬の味覚の代表が「どぶ汁」となります。
いわき地方の郷土料理では、アンコウの肝を鍋のスープに溶かして食べるのです。
コクのある濃厚スープに、上品な白身のアンコウがマッチして絶品ですよ!

中通りなら「白川ラーメン」と「三春メンチ」

東北本線沿いのエリアである中通りでは、「白川ラーメン」と「三春メンチ」がおすすめです。
郡山市の南に位置する白川にある「とら食堂」の白川ラーメンを目当てに、福島県民はもちろん県外からも多くのファンが訪れます。
醤油ベースのスープはあっさりとした味わいで、ちぢれ麺との相性も完璧です。
白河市内に100店舗以上も「とら食堂」で修行した弟子たちがお店を構えていることからも、その人気の高さがうかがえますね。
そして、滝桜で有名な三春町の「三春メンチ」は地元の商工会議所が開発したメンチカツとして名物です!
三春町特産のピーマンを使用して独自の味付けをしています。
桜を見物しながら気軽に楽しめるように、ソースなしでも美味しい味を追求していますよ。

会津地方では「こづゆ」を召し上がれ♪

https://pixabay.com/photo-738786/

出典:pixabay.com

喜多方ラーメンで有名な会津地方ですが、定番の郷土料理でぜひ味わって欲しいのが「こづゆ」です。
会津地方で祝い事の際に提供される「こづゆ」は、ホタテの貝柱を干したものでだしをとり、にんじんなどの根菜類、きくらげやきのこ類を加えて薄味に調味したお吸い物です。
会津塗りのお碗でいただく「こづゆ」は、会津の文化を感じられるおもてなし料理ですよ。

福島では海の幸・山の幸を使った素晴らしい食文化が今に伝えられているのでぜひ福島らしい定番グルメを堪能してみてくださいね。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation