名古屋市のレゴランド、満喫するための5つの楽しみ方

名古屋市のレゴランド、満喫するための5つの楽しみ方

名古屋市のレゴランド、満喫するための5つの楽しみ方

2017年、名古屋の新名所として「レゴランド」がオープンしました。
レゴランドは、レゴで遊んでいる子どもたちにも、昔レゴに夢中になった大人たちにも、魅力がいっぱい!
世界中で愛されるレゴの世界が広がる「レゴランド」を100%楽しみたい人に、満喫するための方法をご紹介します。

名古屋市のレゴランド、満喫するための5つの楽しみ方

TOP画像出典:pixabay.com

写真を撮りまくる!

https://pixabay.com/photo-1702074/

出典:pixabay.com

レゴランド内に入ってまず目に飛び込んでくるのはカラフルなオブジェたちです。
もちろん、どのオブジェもレゴで作られていて、いたるところにレゴブロックの大作が配置されています。
クオリティの高いオブジェに、作ったスタッフの器用さと根気に感動する人も多いのではないでしょうか。
パーク内に、1700万個のレゴ・ブロックと10000体のレゴモデルが使用されています。
様々なオブジェがあるので、いっぱい写真を撮って楽しみましょう!

レゴのキャラクターに会える!

ランド内に7つあるエリアの1つ「パイレーツ・ショア」には、海賊船から水の大砲で敵を撃つアトラクションや、海賊船型の遊具で遊ぶプレイエリアがあります。
エリア内ではレゴの海賊シリーズおなじみのキャラクターも登場します。
身近に遊んだ小さなレゴのキャラクターたちが実物大になっているだけでも、なんだか興奮してしまいますよ!

名古屋めしを楽しもう!

お城シリーズで人気の「ナイト・キングダム」エリアには、おすすめのレストラン「ナイト・テーブル・レストラン」があります。
中世のお城の雰囲気をイメージした店内では、きしめんやエビフライなどの名古屋めしを楽しみましょう。
エリア内ではコック姿のミニフィグ「ゴードン・ゾラ」さんにも会えます。
口髭の似合う「ゴードン・ゾラ」さんは、コック帽を含めると2mはありそうな大きさですが、動く姿に愛嬌があって人気者です。

世界のアドベンチャーを感じよう!

「アドベンチャー」エリアは、古代エジプトをテーマにした世界の冒険シリーズがテーマです。
古代遺跡や海中遺跡も、みんなレゴで出来ています。
遺跡内部の「シークレット・チャンバー・オブ・アムセトラ」ではレゴで遊べるようになっています。
ランド内には、レゴを作って遊べるエリアが点在しているので、子ど達はもちろん童心に返った大人も楽しめるスポットと言えるでしょう。

レゴランドは子ども向けの施設というイメージも強いかもしれませんが、実際には子ども大人も楽しめる観光スポットです。
まだまだ紹介しきれていないエリアもあるので、ぜひ一度訪れてレゴランドを満喫してみてください。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation