アフリカでサファリを満喫しよう!会ってみたい野生動物5種!

アフリカでサファリを満喫しよう!会ってみたい野生動物5種!

アフリカでサファリを満喫しよう!会ってみたい野生動物5種!

アフリカでの楽しみといえば、サバンナなどを巡るサファリツアーです。
サファリツアーでぜひ会ってみたい、人気野生動物をご紹介します。

アフリカでサファリを満喫しよう!会ってみたい野生動物5種!

TOP画像出典:pixabay.com

ライオン

https://pixabay.com/photo-3583072/

出典:pixabay.com

言わずと知れた百獣の王、ライオンです。
大型ネコ科動物のうちの1種で、他のネコ科動物に比べて比較的穏和な性格をしており、積極的に人を襲うことは滅多にありません。
堂々そした佇まいで立派なたてがみを持つオスと、たてがみを持たず優雅な雰囲気のメスがいて、たいていはオス一頭に複数のメス、そしてその子どもから成る群れ、プライドを作り生活しています。

ヒョウ

特徴的な斑模様を持つ、肉食のネコ科動物です。
ライオンと比べた場合、ライオンはオスで体長およそ170~250cmなのに対し、ヒョウは100~150cmと小柄に見えます。
夜行性で、群れを作らずに単独で生活し、サバンナにまばらに生えた木の上で休憩している姿を見ることもあります。
ヒョウは人間を襲う可能性もあるので、むやみに刺激するのは避けましょう。

アフリカゾウ

大人で体長約6~7.5m、地面から肩までの高さ約4m、最大体重は約10トンにも及ぶ、現存する陸生動物の中では最大の大きさを持つ動物です。
草食性で、牙とも呼ばれる大きな門歯が発達しており、木の根や塩を食べたり、なわばり争いなどの武器に使うことがあります。
鼻は長いだけでなく嗅覚も抜群で、嗅覚受容体の遺伝子数が人間で400、犬で800ある中、アフリカゾウはなんと2000にも及ぶのです。

バッファロー

正式にはアフリカスイギュウのことを指しています。
大きく特徴的なツノがあり、体長はおおよそ200~340cmです。
草原の辺りに生息しており、100頭を超える大きな群れで生活していて、普段は背中に鳥が止まることもあるくらいのんびりと生活しています。
外敵であるライオンなどに襲われた場合はツノで応戦し、群れを守ろうとする姿を見ることができるでしょう。

クロサイ

体長は約280~290cmで、メスの場合は一回り小さい場合があります。
頭の前方に生えたツノが特徴的で、この大きなツノで外敵を威嚇したり、突進で相手を倒すこともあるようです。
このツノは薬用や装飾品などの用途に使われていたことがあり、乱獲され数が非常に少なくなっています。
徐々に回復しつつあるとはいえ、油断の出来ない生息数なので、遠くから見守るようにしましょう。

これらの動物はビッグファイブと呼ばれておりサファリが狩猟目的だった頃からも同じように人気の動物たちなので、出会えたらそっと遠くから見守るようにしてくださいね!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation