富山のキャンプで行くなら山?海?どちらの魅力もお伝えします!

富山のキャンプで行くなら山?海?どちらの魅力もお伝えします!

富山のキャンプで行くなら山?海?どちらの魅力もお伝えします!

富山は豊かな自然が残されていて、キャンプ場もたくさんあります。
山も海もある富山には、その立地を活かした色々なキャンプ場があるのです。
今回は、そんな富山のキャンプ場の魅力をお伝えしていきます。

富山のキャンプで行くなら山?海?どちらの魅力もお伝えします!

TOP画像出典:pixabay.com

牛岳パノラマオートキャンプ場 きらら

https://pixabay.com/photo-1638873/

出典:pixabay.com

牛岳パノラマオートキャンプ場 きららは、富山の綺麗な景色を眺めながらキャンプを楽しむことができるキャンプ場です。
天気が良い日は富山湾まで眺めることができ、爽快な眺めが人気になっています。
牛岳登山やパラグライダーなどのアクティビティを楽しめるスポットも周辺にあるため、それも魅力の1つと言えるのではないでしょうか?
牛岳パノラマオートキャンプ場 きららには、キャンプサイトとバンガローがあるため、テントを張るのが不安な人はバンガローに宿泊しても良いでしょう。
料金は、キャンプサイトが1泊4000円~、バンガローが1泊6000円~です。

ふるさと剱親自然公園

ふるさと剱親自然公園は、早乙女湖の湖畔にあるキャンプ場です。
自然の中で清々しい気持ちになることができるので、普段の忙しい毎日から抜け出したいと思う人にはぴったりと言えるでしょう。
バンガローやコテージはありませんが、炊事場やトイレ、シャワーなどはきちんと完備されているため、女性でも気軽にキャンプを楽しむことができます。
キャンプサイトは、炊事場に有無によって価格が異なりますが3000円~4000円ほどで利用できます。
また、ふるさと剱親自然公園ではバーベキューやパークゴルフなども楽しめるので、家族連れにもおすすめです!

島尾キャンプ場

島尾キャンプ場は、海辺にあるキャンプ場です。
マリンスポーツや釣り、海岸のドライブなどを楽しみたい人に人気のキャンプ場となっています。
7月から11月までは「地引網漁の体験」を行っていて、獲れたての魚で作る鍋などを楽しむことができる珍しい楽しみ方ができるのは、島尾キャンプ場ならではと言えるでしょう。
テントサイトは1泊3000円ほどで、バンガローもあります。

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、非常に開放的なキャンプ場でバンガローやコテージもあります。
ヒスイが打ち上げられるという海岸で海水浴やヒスイ探しを楽しむことができ、周辺の温泉で海で疲れた体を癒すこともできますよ。
キャンプサイトは1泊4000円ほどですが、トイレやシャワーなども完備されているので利用しやすいキャンプ場と言えるでしょう。

富山には、色々な楽しみ方ができるキャンプ場がいっぱいあります。
海と山、どちらのアクティビティを楽しみたいかによって選ぶと、楽しみ方が広がっていくのではないでしょうか?

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation