石川県のフォトジェニックスポットは?美しい景色を紹介!

石川県のフォトジェニックスポットは?美しい景色を紹介!

石川県のフォトジェニックスポットは?美しい景色を紹介!

石川県には様々な観光スポットがありますが、その中でも特に写真映えする美しい景色を紹介します。
カメラ片手に旅をして、たくさんの思い出を写真に収めましょう!

石川県のフォトジェニックスポットは?美しい景色を紹介!

TOP画像出典:pixabay.com

兼六園

日本三大名園の一つとして知られる兼六園は、4月~8月まで早朝の4時に入園することができます。
通常の開園時間15分前まで無料で入園することができる上、早朝の兼六園は人が少なくて非常に静かです。
朝日の登る美しい空と、まだシルエットのままの木々が美しいコントラストを作り上げ、大きな湖もそれらを映して佇んでいます。
人気のスポットも人が少ないので、思う存分撮影をすることができるでしょう。

河北潟干拓地ひまわり村

https://pixabay.com/photo-368224/

出典:pixabay.com

周辺に植えられた35万本ものひまわりが、夏に一斉に咲き誇ります。
太陽に向かって咲くので向日葵という漢字があてられているように、背が高いひまわりだと花の裏側ばかり見えてあまり上手に写せないのでは、と思うかもしれません。
此処の場合は2mほどの高さがある展望台が設置されており、そこに登れば一面のひまわりをこちらに向いた状態で撮影することができるのです!

主計町の暗がり坂、あかり坂

明治文学の雰囲気を感じる金沢の中で、特にこの主計町はどこもレトロで美しい姿を残しています。
そんな中でも特に撮影に訪れたい場所として、暗がり坂とあかり坂という二つの石段があるのです。
少しカーブを描く小さな石段は、奥行きも相まって物語の一部の様な雰囲気を醸し出しており、風景撮影にも人物撮影にもぴったりでしょう。
人物撮影の際には、ぜひレンタル着物を着て撮影してみてください。
より明治文学の世界観に浸ることができます。

機具岩

機具岩(はたごいわ)というスポットは、大小二つの岩が締縄でつながれてる場所です。
伊勢にあるニ見岩にそっくりなので能登ニ見と呼ばれたり、夫婦の岩なんて呼び方もされています。
長いしめ縄の合間や、大きい方の女岩の穴から見える夕日が非常に美しく、まるで絵画の1場面の様な様子を見ることができるのです。
夏は7月15日~9月30日までライトアップがされているので、ぜひ夕方から夜にかけてじっくり撮影してみてください。
夜の幽玄な雰囲気もまた素晴らしいものです。

様々な景色を撮影することができる石川県ですが、夏は深緑や海、空など生命力にあふれた自然の景色が非常に美しい時期です。
熱中症などには気をつけつつ、素晴らしい写真が撮れるように石川県の各地を旅してみてください!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation