夏でも涼しく、美しい草原が広がるモンゴルへの旅はいかが?

夏でも涼しく、美しい草原が広がるモンゴルへの旅はいかが?

夏でも涼しく、美しい草原が広がるモンゴルへの旅はいかが?

見渡す限りの大草原と天高く広がる青い空、そしてそこに暮らす遊牧民と、羊と馬。
開放感にあふれるモンゴルは、夏場日本が暑くても涼しげで心癒される風景に囲まれています。
そんなモンゴルへの旅はいかがですか?

夏でも涼しく、美しい草原が広がるモンゴルへの旅はいかが?

TOP画像出典:pixabay.com

見渡す限りの草原と青い空

モンゴルの首都ウランバートルは近代化が進んでいますが、そこから郊外に行けばモンゴルのイメージそのままの大草原と青い空が広がっています。
ウニドゥルシレットという地域はウランバートルから車で約4時間ほど行った場所にあるのですが、ここまで来ると辺りは遊牧民たちの世界になるのです。
川で水を飲んでいる動物達や、遊牧民が駆る馬、草原を渡る風の音など、どこか懐かしささえ覚えるような心洗われる光景が待っています。

乗馬体験は必須!

モンゴルに来たなら、乗馬体験は絶対にしておきたいアクティビティです。
日本での乗馬体験は基本的に牧場内を1週する程度だったりすることが多いですが、モンゴルの乗馬体験は地平線までずっと歩いていったり、ある程度の練習をした後は自由に馬とともに歩いたり走ったりすることができます。
また、モンゴルの遊牧民が育てている馬は乗りやすいとも言われており、うまく乗り方をマスターすれば、どこまででも一緒に馬が歩いてくれるのです。

遊牧民のゲルに宿泊してみる

https://pixabay.com/photo-2347801/

出典:pixabay.com

ウランバートル近郊には、遊牧民の使うゲルがいくつか建てられています。
ホームステイ用や宿泊用などのゲルもあり、遊牧民の方々も友好的で気さくな人が多くいるのです。
遊牧民の方々は基本的に旅人や訪問者を歓迎する方の民族なので、しっかりとマナーを守っていれば美味しい料理を振る舞ってくれたり、無邪気な子ども達と遊んだりすることができます。
ゲルの内部も、外から見るより以外と中は広く快適です。
できることなら、ゲルへの宿泊もぜひやってみましょう。

美しいフブスグル湖もぜひ行ってみよう

ウランバートルから少し遠くなりますが、飛行機で行くこと1時間半かかる場所のムルンから、さらに車で約4時間ほど行った先にあるフブスグル湖が非常に美しい場所になっています。
世界中でもトップクラスの透明度を誇る淡水湖とされていて、周囲は半そでだと涼しすぎるほどの気温になっているのです。
モンゴルにあるスイスとも言われるほど美しい、湖と針葉樹の森を眺めながら、ここでもゲルを立ててゆっくり滞在することができます。

モンゴルは日差しが強いものの、近くに湖や川がある場所の風が涼やかで快適な国です。
日々のストレスを一切忘れることができそうなほど、開放感にあふれたモンゴルに旅行してみませんか?

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation