自然と都会が共存する町、カナダのバンクーバーに旅行しよう

自然と都会が共存する町、カナダのバンクーバーに旅行しよう

自然と都会が共存する町、カナダのバンクーバーに旅行しよう

バンクーバーは、自然豊かな土地と都会の利便性が綺麗に調和した素晴らしい場所です。
カナダの中で最も日本にちかいバンクーバーに旅行してみませんか?

自然と都会が共存する町、カナダのバンクーバーに旅行しよう

TOP画像出典:pixabay.com

ウォーターフロント

ウォーターフロントは湾にそって遊歩道が整備されており、ここから様々な観光スポットに赴くことができます。
例えば、1986年にここで開催された万博で、カナダ政府館として使われたカナダプレイス、2010年の冬季バンクーバーオリンピックが開催された際に使われた聖火台などはこの付近にあるのです。
それだけでなく、オシャレなレストランやカフェも付近にたくさんあるので、そこに行ってみるのも乙でしょう!

キャピラノ渓谷

https://pixabay.com/photo-536869/

出典:pixabay.com

キャピラノ渓谷には、先住民族が約8000年もの昔から鮭を取って暮らしていたところに、スコットランド出身のジョージ・マッケイが先住民族と協力してかけたと言われている、キャピラノつり橋があります。
バンクーバーの都市部から少し離れた位置にあり、大自然の中にあるたわんだつり橋がスリル満点ながら、思わず見入ってしまうような魅力があるのです。
つり橋と自然を堪能しながら歩いていくと、大きな樹木を繋ぐようにかけられ、空中散歩が楽しめる小さなつり橋があり、こちらもまた散策に最適になっています。

グランビルアイランド

ショップやレストランの立ち並ぶ人工島で、アクアバスにのってそこまでいきます。
徒歩で向かうこともできるのですが、せっかくなアクアバスの体験をしてみましょう。
ここではパブリックマーケットが開催され、新鮮な野菜やフルーツが山盛りになり、お肉も塊で販売されていたりします。
お好みのベ一グルサンドを作ってくれるお店もあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。
スモークサーモンとクリームチーズのコンビがおすすめです。

イングリッシュベイ

1日の終わりの夕暮れを、この港で過ごしてみるのはいかがでしょうか。
バンクーバーの中でも1、2を争う美しいサンセットを望むことができ、他の観光地と比べて地元民が多い印象があり、知る人ぞ知るスポットの雰囲気があります。
ビーチサイドにはテラス席があるレストランもあり、サンセットとディナーを同時に楽しむ贅沢な体験もできるのです。
大切な人と一緒でも、もちろん贅沢に一人旅でも、素敵な思い出になること間違いなし。

いかがでしたか?
バンクーバーは海に山に都市と、様々な体験をぎゅっと詰め込んだような素晴らしい場所です。
旅行の際には、できるだけ時間に余裕を持って、ゆっくり時間をかけて満喫していってくださいね!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation