夏本番前に、富士急ハイランドの楽しみ方を紹介!

夏本番前に、富士急ハイランドの楽しみ方を紹介!

夏本番前に、富士急ハイランドの楽しみ方を紹介!

富士急ハイランドは絶叫マシンがたくさんある、絶叫アトラクションの聖地とでも言えそうな遊園地です。
夏休みにもなれば非常にたくさんの人が遊びに来るため、全く用意がないと思ったより疲れてしまうかもしれません。
富士急ハイランドの楽しみ方を確認してみましょう!

夏本番前に、富士急ハイランドの楽しみ方を紹介!

TOP画像出典:pixabay.com

富士急ハイランドの料金システムは?

富士急ハイランドは、普段遊園地に行かない人は馴染みがないかもしれませんが、入園料とアトラクション代が別になっています。
一日中楽しみたい場合は入園料とアトラクション代がセットになったフリーパスがおすすめです。
もしくは、午後からゆったり楽しむアフタヌーンパスを購入してもいいかもしれません。
ただ一部のアトラクションはフリーパスが効かないので、それは注意しておくようにしましょう。

天気が晴れかどうかをチェックしよう!

https://pixabay.com/photo-199231/

出典:pixabay.com

実は富士急ハイランドのジェットコースターは雨天時に運転中止になってしまうものも多いのです。
絶叫マシンの花形であるジェットコースターに乗れないのはかなりもったいないでしょう。
出来るだけ晴れの日を狙っていきたい所です。
逆に、ジェットコースター以外のものを狙っていて、人が少ない状態でいきたい場合は雨の日にお客さんが少なくなっているかもしれませんよ。

絶叫優先券はぜひゲットしよう!

絶叫アトラクションをたっぷり満喫するなら、やはり優先券は押さえておいた方が良いでしょう。
WEBから申し込むタイプのものなので、事前に何を乗るか決めなければなりませんが、待ち時間を少なくしてアトラクションを楽しむことができます!
絶凶・戦慄迷宮や、ド・ドドンパなど、人気のアトラクションに優先的に入れると、他のアトラクションにも行きやすくなり楽にいろんなアトラクションを回れるのです!

オススメアトラクションは?

やはり富士急ハイランドといえば絶叫なので、「ええじゃないか」や「ド・ドドンパ」、「高飛車」、「FUJIYAMA」の4種の絶叫コースターがオススメです。
ホラーやグロテスクに耐性があれば「絶凶・戦慄迷宮」というお化け屋敷が、2018年の夏に再びリニューアルされて帰ってくるみたいなので、ぜひ行ってみてほしいと思います。
絶叫系が苦手な場合は、「足こぎボート」でまったり園内を眺めつつ遊んだり、高低差や早すぎる速度でなければ大丈夫な人は「マッドマウス」という小回りの強いコースターに挑戦してみるのもオススメです。

いかがでしたでしょうか。
富士急ハイランドは日々様々なアトラクション体験を提供しています。
是非この夏遊びに行ってみてください。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation