台湾で猫にまみれたい。台湾にある猫村とは?

台湾で猫にまみれたい。台湾にある猫村とは?

台湾で猫にまみれたい。台湾にある猫村とは?

台湾の都市台北から電車で35分ほど揺られた場所に、ホウトン駅という場所があるのをご存知ですか?
その駅を有する町ホウトンは、猫にまみれた村、猫村として有名な場所です。
若干寂れている雰囲気を感じる場所もありますが、猫が大好きな人は是非一度訪れてみてください。

台湾で猫にまみれたい。台湾にある猫村とは?

TOP画像出典:pixabay.com

駅から既に猫まみれ!

https://pixabay.com/photo-3431409/

出典:pixabay.com

駅についてすぐに、猫まみれになっていることが分かります。
非常に様々な猫のオブジェや像、アートが所せましと並んでおり、駅構内には猫が我が物顔で闊歩しているのです。
主に線路の西側方面に猫が多いので、ぜひ跨線橋を渡って猫と人が暮らす生活空間を見に行ってみましょう。
此処にいる猫は基本的には飼い猫ですが、外をかなり自由に出歩いているため半分野生の様な雰囲気で生活しています。
首輪をしている猫もいれば、していない猫もいるので、邪魔をしないようにゆっくりと楽しんでみましょう!

本物の猫も良いけどアートやオブジェも楽しもう

本物の猫の可愛さにも負けずに、さまざまな猫アートや猫オブジェが点在するホウトン。
売店やお店も猫のアートやオブジェがあふれかえっており、猫を全面的にアピールしていることが分かります。
様々なテイストの猫アートやオブジェがあり、それぞれに個性が詰まっているので、自分好みのオブジェを探しに行くのもおすすめです!
猫はなかなか上手く写真撮影できなくても、オブジェやアートは止まっているので、ゆっくり撮影することができます。
また、様々なお店で猫にまつわるグッズ販売をしているので、それも同時にゆっくり見て回りましょう!

猫村で猫と交流する時に気をつけたいこと

非常にたくさんの人懐っこい猫がいるホウトンですが、その分やはりマナーは守らなければなりません。
例えば、いくら可愛くてもここの猫を連れ帰ることはできませんし、逆に猫をここに捨てていくのも罰金レベルの悪行です。
猫の目を守るためにもフラッシュ撮影は禁止ですし、人間の食事を与えたり、大量に餌を与えるのも健康面から良くないでしょう。
そして飼われている猫が多いとはいえ、外国であることと外で自由に出歩いている猫が多いことから、むやみやたらに触ったり、怪我や病気の猫に触れたりするのはあまりオススメしません。
自分も猫も健康的で楽しく過ごせるように、しっかりとマナーを守って楽しみましょう。

ホウトンでは今でも村おこしとして猫と共存し、楽しめるように様々な試みが行われています。
お店の出店閉店のスパンもかなり短く、一期一会の楽しみがあるので、ぜひフラッシュを切ったカメラを持ち、撮影をしながらゆっくりと過ごしてください。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation