パラオの自然に包まれたい。パラオの絶景を見に行く旅

パラオの自然に包まれたい。パラオの絶景を見に行く旅

パラオの自然に包まれたい。パラオの絶景を見に行く旅

パラオは、日本から4時間ほど飛行機で行った先にあるリゾートアイランドです。
日本に少し似ている国旗であるパラオには、絶景スポットがたくさんあります!
是非パラオの大自然を満喫してみてください!

パラオの自然に包まれたい。パラオの絶景を見に行く旅

TOP画像出典:pixabay.com

ロングビーチ

https://pixabay.com/photo-1897129/

出典:pixabay.com

パラオでもっとも有名な絶景、ビーチであるロングビーチは、干潮のときのみ現れる真っ白な砂浜を有する美しいビーチです。
約800mほど続く白い砂浜は、さまざまなCM撮影のロケ地にも使われているほど印象的で美しく、また両サイドの海も非常に透明度が高く、砂の色を透かして淡いアクアブルーに染まっています。
日によって現れる時間帯が異なっている上、時期や天候、引き潮の具合によっては砂浜が現れず、ずっと海中のままというケースもあり、貴重な絶景でもあるのです。

ガラスマオの滝

幅・高さともに30m近い、非常に大きな滝です。
ジャングルの奥地までトレッキングをして向かうので、道中は探検隊の気分を味わえます。
流れおちる水のカーテンは、晴れの日が特に美しく、日差しを受けて宝石のように煌き、滝の裏側からその美しい輝きを見ることもできるのです。
また、滝つぼ付近は岩が転がっているので、滝つぼに入り込んでおぼれる危険もあまりありません。
子どもたちでも楽しく水遊びができるので、ビーチ遊び以外でも水とふれあえるスポットでもあります。

セブンティアイランド

パラオのシンボル的な存在で、こんもりとした緑がいくつも連なっているスポットです。
セブンティという名前から70の島があると思うかもしれませんが、実際は40程度で、もこもこした島が連なっているところが何となく70個分にも見えるかもしれません。
船で入ることはできませんが、ヘリコプターなどにのって上空からもこもこした島々を眺めてみましょう。

ミルキーウェイ

こちらも非常に人気の高いパラオの観光スポットで、乳白色とエメラルドグリーンのいいとこどりをしたような色合いの入り江です。
透明度が高い海で有名なパラオですが、ミルキーウェイのみは乳白色ににごりが入っており、海のエメラルドグリーンと相まって翡翠やターコイズの宝石の様な美しさを保っています。
その秘密は海底の真っ白な泥。
この泥が海に溶け込み、乳白色の濁りを生んでいるようです。
この泥は美容効果もあるそうで、全身泥パックをして楽しむツアーもあるようです。

パラオは自然が豊かで、一部は野生動物の保護区にも指定されている場所です。
美しい海と雄大な大自然を見に、パラオへ旅行してみましょう!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation