日本一幸福な県?福井県で非日常を体験しよう!

日本一幸福な県?福井県で非日常を体験しよう!

日本一幸福な県?福井県で非日常を体験しよう!

福井県は、2014年度の国民の幸福度評価で日本一になりました。
住みやすい環境と自然の多さが幸福度へつながっているのでしょう。
今回は、そんな福井県で非日常を体験できるスポットを紹介します。

日本一幸福な県?福井県で非日常を体験しよう!

TOP画像出典:pixabay.com

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館は、世界規模の恐竜の化石があることで有名な博物館です。
恐竜の全身骨格が42体もあり、当時生きていた恐竜を忠実に再現しているジオラマなどがあります。
また、福井県立恐竜博物館では、福井県内で発見されたという新種の恐竜の化石を見ることもできます。
特別展も定期的に行われ、他では見ることができない貴重な展示物を見ることが可能です。
福井県立恐竜博物館のためだけに福井県に行くという人もいるくらいなので、1度は足を運んでみたい場所と言えるでしょう。

越前大野城

https://pixabay.com/photo-1606746/

出典:pixabay.com

少し前に、インスタグラムに投稿された雲海の中に浮かぶ越前大野城が話題になりました。
その様子はとても幻想的で、荘厳です。
雲海に浮かぶ越前大野城を見るためには、春か秋の雨が降った翌日の早朝といった気象条件が必要になるため、行けば必ず見ることができると言うものではありません。
とても奇跡的な光景ということで多くのカメラマンが毎日のように足を運んでいるそうです。
また、撮影スポットに行くまでは山道を歩かなければ行けないので、体力に自信がないという方は厳しいかもしれません。
しかし、最近新たなコースが新設され、そのコースであれば徒歩15分くらいで撮影スポットまで行くことができます。

明鏡洞

明鏡洞は、若狭湾国定公園内にある自然洞窟の1つで、洞窟の中からは水平線が見え、それが鏡みたいに映って見えることから、この名前がついたそうです。
かつて足利義満も立ち寄ったという言い伝えが残されている場所です。
夜になると、漁火が並ぶため、日中とはまた異なる美しさを見せてくれます。
夕方のマジックアワーの時間帯も素敵な景色を見ることができるので、時間を追う毎に変わっていく景色をのんびりと眺めるのも良いでしょう。
波が落ち着いていれば、外からボートで通ることが出来る場合もあります。
また、若狭湾国定公園には、「八穴の奇勝」と灯台を回ることができる遊歩道が完備されています。

福井県は、自然が豊かな場所なので、都会の喧騒に疲れた人が癒しを求めていくにもぴったりな場所です。
福井県立恐竜博物館などちょっと変わったスポットもあり、色々な楽しみ方もできるので非日常な時間を過ごしたいという方は福井県へ旅行してみてはいかがでしょうか?

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation