中東のファッションも進化してる!着こなしや民族衣装などの豆知識

中東のファッションも進化してる!着こなしや民族衣装などの豆知識

中東のファッションも進化してる!着こなしや民族衣装などの豆知識

イスラム教やイスラム文化が根付いている中東のファッションと言えば、黒っぽい布で全身を覆っているというイメージがあるかもしれません。
確かに民族衣装として女性はそのようなものを身につけていることが多いですが、実は中東といってもスタイルにはかなり違いと個性があり、本当はとってもオシャレなのです!

そんな中東のファッションに関する豆知識を紹介します!

中東のファッションも進化してる!着こなしや民族衣装などの豆知識

TOP画像出典:pixabay.com

あの黒い布はヒジャブという名前!

https://pixabay.com/photo-2886521/

出典:pixabay.com

中東の女性が良く身につけている、頭の黒い布はヒジャブという名称で、多くの中東の国々はこのヒジャブをつけています。
カタールやドバイ、サウジアラビアではアバヤという黒い布のガウンを着ていて、これらは富の象徴としても見られていることがあり、皆さん誇りをもってこの民族衣装を着用しているのです。
素材はシフォンやサテンなどで意外とサラサラしてて着心地がよく、裾に刺繍を入れるなどして非常に個性豊かかつ美しい作りになっています。
また近年ではそのヒジャブをオシャレに着こなすのがトレンドとなってきており、カラーも黒だけでなく赤やピンク、青緑など様々な色、柄がでてきていますし、中にはブローチやピアスをひっかけてオシャレしている人もいるようです。

意外と便利なヒジャブ、アバヤ

アバヤもヒジャブも意外と着てみると快適かつ便利なことが分かります。
まず、大きなガウンのようなアバヤは、この一番外側がアバヤになることで内側のファッションはどんなものを着ていても正装になるのです。
たとえパジャマ姿でアバヤをはおっても問題がないので、日本ならこのままコンビニに行ったり郵便屋さんの相手をしても一切問題ありません。
そして中東はかなり日差しが強い傾向にありますが、このアバヤやヒジャブは生地がサラサラしていて見た目より熱くないのです。
むしろ直射日光を遮ってくれるので、着ている方が快適といえます。
ヒジャブの中の髪型なども、若い人は斬新なカットやカラーリングをして楽しんでいるということもあり、信教の心とイマドキファッションの両立が簡単という良さもあるのかもしれません。

男性も民族衣装を着こなしている

男性は、白いトーブと言われるワンピースの様なものや、白や赤のスカーフを頭に巻くスタイルが主流です。
カフスボタンや服のシワのなさ、スカーフの巻き方や生地などにこだわり、自分のファッションを確立しています。
オシャレは女性だけではないんですね。

いかがでしたか?
中東も今どんどんファッションが進んでいます。
もし中東に旅行するなら、現地のファッションも楽しんでみませんか?

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation