冬に行きたい!南国宮崎で訪れたいスポット4選

冬に行きたい!南国宮崎で訪れたいスポット4選

冬に行きたい!南国宮崎で訪れたいスポット4選

南国ムードが漂う宮崎県は、寒い冬に行きたくなる必須スポットですよね。
今回は、宮崎県に焦点をあて行ってみたい観光名所を4つご紹介していきます。

冬に行きたい!南国宮崎で訪れたいスポット4選

TOP画像出典:pixabay.com

南国ムードたっぷりの「日南海岸」

宮崎県南部にある日南海岸は、青島近辺から鹿児島県志布志町まで約140kmもある海岸道路です。
海沿いには、日本の道百選に選定されているフェニックスやハイビスカス、ワシントン椰子など南国感満載の植物が立ち並び快適なドライブを楽しむことができます。
日南海岸周辺には日本初の道路公園(ロードパーク)が整備され、お立ち寄りスポッ卜としても大人気!

神々が宿る「高千穂峡」

https://pixabay.com/photo-2162579/

出典:pixabay.com

高千穂峡は、阿蘇溶岩が浸蝕されてできた峡谷です。
約80mもの断崖が7㎞も続き、最も高い場所は100mにも及んでいます。
玉垂の滝や真名井の滝、あららぎの滝などをボートを操縦しながら楽しむことができます。
水しぶきがかかるくらい滝の近くまでいくと幻想的な風景を体感することができるでしょう。
ボート待ちに5時間近くかかることがあるのでその場合は潔く諦めて散策してみる方がいいかもしれません。
駐車場からボート乗り場までは少し距離があるので時間に余裕を持っていくことをおすすめします。

子どもから大人まで楽しめる「のじりこぴあ」

のじりこぴあは、その名も野尻湖湖畔に設立された遊園地です。
こども列車やスカイサイクル、パターゴルフ、電気自動車などのレジャーを楽しむことができます。
昔の遊びコーナーがあるコンビネーション遊具は、小さな子どもに大人気です。
自然の湧き水を利用したプールには、ウォータースライダーが2基設置されています。
体を使って楽しんだ後は、歴史民族資料館の展示物をゆっくり見学できるのでファミリーや友だちと出かけてみては?

異国情緒漂う「鵜戸神宮」

鵜戸神宮は、太平洋に面した鵜戸崎岬の巨大な洞窟の中にある珍しい社殿です。
縁結びや安産、漁業、航海の神様が祀られていると言われています。
台湾や琉球文化の影響を受けているような建物で、ここから日本の国づくりがスタートしたんだろうなという趣を感じ取ることができるでしょう。
ここでは参拝以外に、「運玉投げ」といって、素焼きの玉を海の岩場の窪みに投げるの行事を体験できるのが有名です。
穴にめがけて玉が入ると幸せになれるといういい伝えがあります。

宮崎県には、冬でも観光できるスポットがまだまだたくさんあります。
ここでは観光地のみを抜粋しましたが、宮崎県は海鮮やチキン南蛮、肉巻きおにぎりなどのグルメも満載です。
宮崎に訪れた際は、ご当地スポットとグルメをセットで満喫してみてくださいね。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation