【世界遺産】アフリカを訪れたら絶対に見たいピラミッド4選!

【世界遺産】アフリカを訪れたら絶対に見たいピラミッド4選!

【世界遺産】アフリカを訪れたら絶対に見たいピラミッド4選!

アフリカといったら世界遺産で有名なピラミッドは観光地に欠かせないお立ち寄りスポットです!
エジプトのピラミッドはいうまでもなく、ギザの三大ピラミッド・階段ピラミッド・屈折ピラミッドなどたくさんのピラミッドが挙げられます。
今回は、世界中のどこよりも圧倒的な迫力とスケールを誇るアフリカのピラミッド情報についてお届けします♪

【世界遺産】アフリカを訪れたら絶対に見たいピラミッド4選!

TOP画像出典:pixabay.com

世界遺産の代名詞「3基のピラミッド」

エジプトといえば誰もがピラミッドを連想することでしょう。
4000年?6000年以上も前に造られた巨大な石づくりの王墓という説が一般的に広められていますよね!
ここでいう3基のピラミッドは、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3基をまとめて三大ピラミッドと呼び、最も大きいクフ王のものは約140mの高さを誇るほど大規模な建造物。
この三大ピラミッドはエジプトの中で圧倒的に人気が高く、入場するにも制限を設けているくらいです!
カイロ市内・ギザ広場からはバスでのアクセスになります。

神聖な顔を持つ巨大像「スフィンクス」

https://pixabay.com/photo-350458/

出典:pixabay.com

三大ピラミッド群から割と近い場所にたたずんでいるスフィンクスは、守護神みたいな出で立ちが特徴的。
体はライオン、顔はカフラウ王がモチーフとなっている神獣の石像です。
三大のピラミッドよりも前に造られたという説もあり、謎めいた神話や堂々たる荘厳な姿に世界中の観光客が多く訪れています。

砂漠に広がるメロエのピラミッド群

2011年に世界遺産に登録されたメロエのピラミッドは、ナイル川流域の二ビア地域にひっそりとたたずむ遺跡です。
エジプトのピラミッドが建造された目的は未だ謎めいていますが、スーダンのピラミッドは王や王妃の墓所と言われています。
メロエのピラミッドは、水平に石材を並べて階段状に積み上げた構造になっていて、傾斜はおよそ70度、高さ6m?30mととても幅広いスケールが特徴的です。
中には補修に手を加えすぎたピラミッドもありますが、それも含めて2000年という長い歴史を感じさせてくれることでしょう!
広々とした砂漠をらくだに乗って案内することもできるので、ピラミッド観光の思い出づくりに希望してみては?

ゲベル・バルカル、ナパタ地域の遺跡

世界遺産であるゲベル・バルカル、ナパタ地域の遺跡は、周辺のナパタ地方にある遺跡群と共に2003年に登録されました。
第25王朝のクシュ王国は、一度建造されたがなくなってしまったピラミッド建造を再開して造られた遺跡です。
高さ30mのやや小さいピラミッドですが、傾斜があって鋭い形をしていることから目を引く観光客じゃたくさんいます!

アフリカの数あるピラミッドの中から、定番・穴場ピラミッドをご紹介しました!
神秘的なピラミッドをぜひ一度目の前でご覧になってみては?

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation