「八重の桜」で有名!会津若松で見つける可愛いお土産3選

「八重の桜」で有名!会津若松で見つける可愛いお土産3選

「八重の桜」で有名!会津若松で見つける可愛いお土産3選

NHKの大河ドラマ「八重の桜」の舞台として一躍有名になった福島県の会津若松市は、観光スポットとしても人気の場所です。
自然が豊かな地域なので、会津若松の名桜と呼ばれる石部桜を始めとした四季折々の楽しみもあります。
今回は、会津若松でおすすめしたい人気のお土産を厳選してご紹介していきます!

「八重の桜」で有名!会津若松で見つける可愛いお土産3選

TOP画像出典:pixabay.com

赤べこ

赤べこは会津若松では有名な工芸品で、会津若松を訪れると街中でオブジェが見られる程、マスコットキャラクターとしてもポピュラーな存在です。
赤べこは張り子の置き物ですが、子どもの魔除けに効果があると言われており、見た目も可愛らしいのでお土産品としてもおすすめです。
伝統的なデザインの赤べこだけでなく、最近では現代風にアレンジされた淡い色彩のカラフルな赤べこもあります。
お土産屋さんだけでなく、雑貨屋さんなどでもよく販売されているのでチェックしてみてくださいね。

会津木綿の雑貨

会津木綿も、会津若松の伝統的な工芸品の1つです。
昔から丈夫な木綿として作業着や手ぬぐいとして広く使用されており、紺地に白い縞の柄が一般的でしたが、最近は若い人向けにカラフルな色の縞柄も織られるようになりました。
パステルカラーの縞模様をした雑貨は、ヘアピンやヘアゴム、ポーチ、ストーリ、エプロンまで様々な種類があります。
特に女性へのお土産にチョイスすると喜ばれますよ。

あいづじょっこ

https://pixabay.com/images/id-843230/

出典:pixabay.com

創業明治41年の老舗菓子処「白虎堂」の会津銘菓「じょっこ」は、サクサクとした食感が美味しいアーモンドクッキーです。
「じょっこ」とは「女の子」という意味で、「会津じょっこ」は「会津の女の子」を表しています。
頬が赤く染まった素朴な女の子のパッケージが可愛らしく、こちらもお土産に買って行けば評判間違いなしの品です。

奥会津編み組細工

奥会津編み組細工は、奥会津地方の山合いで採ったヒロロや山ブドウ、マタタビなど植物を素材にして作った編み細工で、雪国の手仕事として伝承されてきた工芸品です。
大沼郡三島町の生活工芸館で販売されており、山ブドウ細工、マタタビ細工、ヒロロ細工はそれぞれ国の伝統工芸品にも指定されています。
かごバッグやショルダーバッグ、お菓子の器などに加工されており、強度も高いので普段使いするのにピッタリ!
手作りのため少し高価ではありますが、すべて一点ものの貴重な編み細工はお土産にもおすすめできます。

いかがでしたか?
福島県会津若松に訪れた際におすすめのお土産をご紹介しました。
会津若松は伝統工芸品も豊富でノスタルジックな雰囲気の街です。
観光を楽しんだ後は、今回ご紹介したお土産をチェックしてみてくださいね!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!