東北で見つかる、今年こそ行きたい秋祭り4選

東北で見つかる、今年こそ行きたい秋祭り4選

東北で見つかる、今年こそ行きたい秋祭り4選

毎年東北地方では、バラエティ豊かな秋のお祭りが開催されているのをご存知ですか?
豊かな自然の中で綺麗な景色を眺めながらお祭りに参加するのは、普段はなかなか味わえない趣深い楽しみがあります。
今回は少し遠出してでもぜひ行ってみたい、東北の秋祭りをピックアップしてご紹介します!

東北で見つかる、今年こそ行きたい秋祭り4選

TOP画像出典:pixabay.com

大曲の花火―秋の章―(秋田県)

秋田県の大曲市で例年10月の第二土曜日に開かれる花火イベントです。
「創造花火」や「劇場型花火」と呼ばれ、毎年変わるテーマに沿った8000発もの花火が雄物川の頭上に打ち上がります。
和楽器を中心とした音楽と花火のコラボレーションを楽しむことができますよ。
打ち上げ前には秋田出身の歌手による歌謡競演など催し物があるほか、会場付近には露店の出店もあるので飲食に困ることはないでしょう。

日本一の芋煮会フェスティバル(山形県)

「芋煮」は里芋を使った鍋料理のことで、東北地方では家族や友人たちと河原で集まって「芋煮会」が開かれています。
特に山形は芋煮会が盛んに行われており、風習を全国へ発信するために1989年から山形市双月町で日本一の芋煮会フェスティバルを開催しています。
開催時期は毎年9月中旬となっており、美味しい芋煮が食べられますよ。
イベントでは直径6.5mもの大鍋が用意され、そこで調理される食材は3tの里芋、1.2tの牛肉、3500枚のこんにゃくと量のスケールも日本一!
山形観光のついでに、わいわい賑やかに秋の味覚・芋煮を楽しんでみませんか?

二本松の提灯祭り(福島県)

福島県の二本松市で開かれる二本松の提灯祭りでは、二本松神社のかがり火を紅提灯に灯した鈴なりの提灯をつけた太鼓台が、街中を練り歩きます。
なんと、提灯の数は3000個もあり、暗い夜道を明るく照らしますよ。
夜空に響き渡る迫力ある掛け声と太鼓と笛の音色に街はお祭り一色となり、祭り好きにはおすすめのイベント!
毎年10月に開催されていますが、2019年から第一土曜~月曜となっているので参加される際は曜日を確認してください。

弘前城菊と紅葉まつり(青森県)

https://pixabay.com/images/id-2135514/

出典:pixabay.com

会場の弘前城植物園に、煌びやかな菊人形や動物をかたどった菊のトピアリー、良い香りの大輪の菊花などが咲き誇る弘前城菊と紅葉まつり。
紅葉が見頃を迎える10月中旬から11月上旬まで行われるイベントです。
様々な種類の菊花だけでなく、美しい紅葉のライトアップも見ることができます!
動物ふれあいコーナーやちびっこ新幹線など、子ども連れでも楽しめるイベントも盛りだくさんですよ。

東北の秋はイベントが盛りだくさんであり、全てご紹介はできません。
しかし、ご紹介したイベントやお祭りは中でもおすすめなので、東北旅行と合わせて楽しんでみてくださいね。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!