山口と言ったらやっぱりふぐ!下関のふぐが味わえる名店4選

山口と言ったらやっぱりふぐ!下関のふぐが味わえる名店4選

山口と言ったらやっぱりふぐ!下関のふぐが味わえる名店4選

下関の名物である「ふぐ料理」は、日本ではかなり有名な料理の1つです。
今回は下関のふぐが味わえるお店をいくつかご紹介し、その魅力について迫ってみましょう。

山口と言ったらやっぱりふぐ!下関のふぐが味わえる名店4選

TOP画像出典:pixabay.com

巌流島 魚鮮水産 新下関店

新下関駅に近く、待ち合わせや帰りのアクセスにも抜群の立地にある「巌流島 魚鮮水産 新下関店」は、デートから大人数での飲み会まで多種多様なシーンに合わせたふぐ料理が楽しめます。
外観からはコンビニ居酒屋のイメージを持たれがちですが、素材を厳選した鍋や唐揚げ、焼き物などの料理を味わうことができます。
「ふぐちり」や「ふぐ刺し」はその中でも人気のメニューです。
飲み会にはリーズナブルな飲み放題コースもあるので、安心して利用できますね♪

ふく料理 しのだ

個室でふぐ料理を食べることのできる「ふく料理 しのだ」は、会社の付き合いやお忍びのお客さんにも好評なお店です。
ふく料理 しのだで食べることができる「てっさ」は、非常に分厚く食べ応えがあると大人気です。
また、「てっちり」はふぐからの出汁がよく出ていて、とても濃厚なのでスッキリとした日本酒を呑みながら食べるにはちょうど良いですね。
てっちり鍋の締めには雑炊として食べることもできます。
どのふぐ料理も非常に人気が高く、リピーターが増えているふく料理 しのだは、下関駅から歩いて10分程度の場所にあります。

喜多川 南部店

https://pixabay.com/images/id-1257320/

出典:pixabay.com

創業100年以上の名店「喜多川 南部店」では、ふぐのフルコースをいただけます。
ここで扱われているふぐは身が締まっているため、まるでお肉を食べているような感覚になると言います。
てっさに始まり、とらふぐ鍋、釜飯、煮こごり、唐揚げ、茶碗蒸し、ふぐシュウマイ、赤出汁など、ふぐを使った様々な料理などたくさんの品が次々と運ばれてきます。
値段は少々高く、ランチでは4000円、ディナーでは6万円のコースもあるため、お金に余裕を持っておくと良いでしょう。
喜多川 南部店へのアクセスは、下関駅から徒歩25分と少し遠いため、タクシーをおすすめします。

ふくの関長府観光会館店

「ふくの関長府観光会館店」に入っている「ふく」の由来は、ふぐのことを濁さずに発音されることが関西方面では多く見られます。
また、ふぐが悪いイメージの「不遇」となり、ふくは「福」につながるなど様々な憶測があります。
ふくの関長府観光会館店では、新鮮なふぐ尽くしの定食料理や、くじら料理などが堪能でます。
また店内には、「山口ふくふく煎餅」など、ふぐにちなんだお土産がたくさん売られています。

下関にはこのように、様々なふぐ料理を食べられるお店が存在します。
読んでいるだけで、今すぐにでもふぐ料理が食べたくなりますよね!
普段ではなかなか食べることが叶わないふぐを本場・下関まで足を運び食べてみましょう。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!