幻想的で圧巻!魅力満載なタイの世界遺産3選

幻想的で圧巻!魅力満載なタイの世界遺産3選

幻想的で圧巻!魅力満載なタイの世界遺産3選

タイはインドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める領域に位置し、非常に暖かい熱帯性モンスーン気候の国です。
気候には「暑季」「乾季」「雨季」の3つがあり、それぞれ違った表情を見せてくれます。
また、朝晩の気温差が激しい季節や地域もあるため、観光の際の着衣には十分に気を付けましょう。
今回はそんなタイで魅力満載な世界遺産を3つ選んでみました!

幻想的で圧巻!魅力満載なタイの世界遺産3選

TOP画像出典:pixabay.com

古都アユタヤ

https://pixabay.com/images/id-1518623/

出典:pixabay.com

「アユタヤの遺跡」は世界的にも非常に有名で、テレビや本でも目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
アユタヤの遺跡は「古都アユタヤ」として世界遺産登録がされている、アユタヤ朝時代の遺跡群を指します。
「ワット・ヤイチャイモンコン」はその遺跡群の中では最も有名で、木の根の間からまるで仏像の顔がこちらを覗いているような形状であることが特徴の遺跡です。
また、「ワット・プララム」も現在は塔がいくつか残っているだけの外観になっていますが、アユタヤ朝の歴史においてとても重要な文化遺産です。
アユタヤの遺跡は、バスや電車などを利用すればツアーはもちろん、個人でも簡単に観光が可能な場所にあるため、非常にアクセスに優れていますよ。

スコータイ遺跡

コータイ朝はタイ族最初の王朝で、広く仏教が信仰されていました。
70平方キロメートルにも及ぶ広大な敷地内にある公園はスコータイ歴史公園として管理されています。
城壁は3重になっており、その内外にワット・サパーンヒン、ワット・マハタート、ワット・シーサワーイ、ワット・シーチュム、ワット・プラパイ・ルアン、などの寺院がたくさん建ち並んでいます。
スコータイ遺跡まではバンコクから飛行機やバスでアクセスが可能です。
時間に制限がある時は、バンコク・スワンナブーム国際空港から1日2便出ているので利用することをおすすめします。

トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護地区

タイの自然世界遺産である「トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護区」は東南アジア最大の自然保護地区です。
この保護区域はタイ王国政府が所有し、国王法令のもと厳重に管理されているため、調査目的以外での訪問は基本的にNGですが、近隣に観光が可能な国立公園が2つあり観光客に大変人気を得ています。
トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護地区は、その生物の多様性と景観の美しさなどから世界的に高く評価されています。
また、生物の進歩の過程を見ることが可能な場所であり、生物学的にも非常に貴重な場所とされています。
トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護区へのアクセスはバンコクから車で4時間半ほどの距離です。
かなりの長距離移動となるため、バンコクのツアーを利用することが望ましいでしょう。

世界遺産は日本にもいくつかあり、実際に何ヶ所か見たという人も多いでしょう。
しかし、タイの世界遺産を訪れることによって、日本とは違った規模や雰囲気を持っていることが実際に目で見て確認できます。
この機会に多くの世界遺産を持つタイに行ってみてはいかがでしょうか?

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!