現地の魅力溢れる場所も!南米・コロンビアで人気のスポット4選

現地の魅力溢れる場所も!南米・コロンビアで人気のスポット4選

現地の魅力溢れる場所も!南米・コロンビアで人気のスポット4選

コロンビアは南アメリカ北西部に位置する国です。
人口はラテンアメリカでは3番目であり、ブラジルメキシコの次に多いとされています。
一般的にコロンビアと聞くとコーヒー豆の産地というイメージが強いですが、バラやエメラルドの産出国としても有名です。
今回はそんな南米コロンビアで人気のスポット4選をご紹介しましょう。

現地の魅力溢れる場所も!南米・コロンビアで人気のスポット4選

TOP画像出典:pixabay.com

首都ボゴタ

ボゴタはコロンビアの首都にあたり、アンデス山脈の内陸部に位置します。
赤道にほど近い場所ではあるものの、年間を通して穏やかな気候を保っています。
ただし、朝晩の気温差は大きいので着脱しやすい上着を持ち歩いて観光に出かけてみましょう。
ボゴタは800万人の人口を誇る都市であり、黄金博物館やボテロ博物館などを中心に、150以上の文化施設が集中しています。

ボテロ博物館

ボテロ博物館では、世界的芸術家、フェルナンド・ボテロが寄贈したコレクション123品が常時展示され、入場は無料です。
人物も動植物もぽっちゃりしたフォルムに描かれていることが特徴的なフェルナンド・ボテロの作品には、あのレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」をモチーフにしたものもあり、とてもユニークで見ていて飽きません!
アクセスはボゴタ中心部のボリバル広場に近いマンサナ文化センターの中にあります。

国際エメラルド博物館

エメラルドはコーヒー豆と同じくコロンビアの名産品ですあり、世界に存在するエメラルドの50%はコロンビア産なのです。
エメラルドの発掘から指輪やネックレスなどの装飾品に加工されるまでの工程を見学できる国際エメラルド博物館では、宝石商人の気分が味わえそうですね。

モンセラーテの丘/モンセラーテ教会

https://pixabay.com/images/id-4072371/

出典:pixabay.com

ボゴタ市内の山間部に位置する場所にモンセラーテの丘があり、その頂上にはモンセラーテ教会が建てられています。
観光客はもとより、現地の人も礼拝に訪れるモンセラーテ教会は、1657年に建設されました。
近くにはレストランやお土産を買える場所もあるので非常に便利です。
また、展望台から望むボゴタの町は絶景の一言でしょう。
さらに夜になればロマンチックな夜景も楽しめるので、昼夜問わず多くの観光客が訪れています。
モンセラーテの丘に登るためのケーブルカーやロープウェイもあるので、足腰の悪い人でも楽に登って観光することができます。

このように、コロンビアには魅力満載の観光スポットがあります。
この他にもカリブ海に面したビーチや離島など、紹介しきれないほど名所がたくさんあるので、これを機会に思い切って足を運んでみてはいかがでしょうか?
実際に文化や歴史に触れることで、自分の中にあるコロンビアのイメージが変わるでしょう。

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!