関西風・広島風の両方が味わえる!岡山で見つけたお好み焼き屋さん3選

関西風・広島風の両方が味わえる!岡山で見つけたお好み焼き屋さん3選

関西風・広島風の両方が味わえる!岡山で見つけたお好み焼き屋さん3選

岡山と言えば、雨月物語の「吉備津の釜」や童話の「桃太郎」などで有名ですよね。
そんな物語の発祥した岡山はとても広く、地域によって様々な特産品があり、日生や下津井などの瀬戸内海に面した地域では、シャコ、タコ、さわら、牡蠣などの豊富な魚介類を堪能できます。
また、それらを使って作られたお好み焼きは名物として多くの人から愛されています。
今回は、岡山で関西風・広島風の両方が味わえるお好み焼き屋さんにスポットを当ててご紹介しましょう♪

関西風・広島風の両方が味わえる!岡山で見つけたお好み焼き屋さん3選

TOP画像出典:www.pakutaso.com

もりした

「もりした」のお好み焼きはカキオコがメインです。
牡蠣をふんだんに使ったお好み焼きのことを、現地では「カキオコ」と呼びます。
また、カキオコは多くの店では10月下旬~3月頃に食べられる季節限定のメニューです。
カキオコは基本のお好み焼きソースで食べても、醤油で食べても美味しいと大好評で、おすすめの食べ方は、カキオコを真っ二つに切り、それぞれにソースと醤油をかけて食べ比べてみるという方法があります。
これにより、美味しさも2倍感じられるでしょう。
もりしたではカキオコチーズやカキオコもちなど、カキオコに+αされたメニューも豊富です。

タマちゃん

「タマちゃん」でもおすすめのメニューはカキオコで、中でも「カキオコの丞」というお好み焼きがとても人気です。
牡蠣尽くしの生地の上に天かすを大量投入して焼き上げる豪快なカキオコの丞は、サクサクとした歯ごたえと、牡蠣の醸し出すジューシーな風味がたまらないと大好評!
しかも牡蠣が大量に入っているのにも関わらず、比較的リーズナブルなお値段になっています。
一度食べたらまた食べたくなる、リピーターになること間違いなしなお好み焼き屋さんです。

ぎんくら

「ぎんくら」は岡山駅の近くにある鉄板焼きの有名店です。
ここでおすすめのメニューは「広島風お好み焼き」です。
広島風お好み焼きは、普段よくあるお好み焼きの具材に焼きそばの麺を混ぜて焼いたもののことを呼びます。
この点は関西風お好み焼きの「モダン焼き」に似ているものの、焼き方が違っているそうです。
ぎんくらは鉄板焼き+BARという営業形態をとっており、お好み焼きはもちろん牛肉やシーフードのステーキも食べられます。
また、お酒を飲めることを前提としているため、営業は18~23時ですが、夜遅くに広島風お好み焼きを食べられるお店として人気です。

いかがでしたか?
どのお好み焼き屋さんも具材や焼き方にこだわったお店ばかりです。
岡山でお好み焼き屋さんをお探しの際には、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation