穴場が多い名エリア!神奈川・小田原のおすすめスポット3選

穴場が多い名エリア!神奈川・小田原のおすすめスポット3選

穴場が多い名エリア!神奈川・小田原のおすすめスポット3選

神奈川県の西部に位置する小田原市は、戦国時代には北条氏の城下町として栄え、江戸時代になると小田原藩の城下町、東海道小田原宿の宿場町として多くの人々に利用されてきました。
小田原は気候も温暖で、別の県からの交通手段もたくさんあるため、比較的訪問しやすいです。
そのため有名な観光スポットも点在しますが、まだまだあまり知られていない観光スポットも多いことはご存知ですか?
ここでは、そんな神奈川・小田原の穴場おすすめスポットをご紹介していましょう!

穴場が多い名エリア!神奈川・小田原のおすすめスポット3選

TOP画像出典:pixabay.com

外郎博物館(ういろうはくぶつかん)

ういろうは小田原が発祥の食べ物です。
ういろうと聞くと名古屋のお菓子をイメージしがちですが、実はういろう発祥の地、小田原では薬としてのういろうもあるのです。
博物館にはういろうについての歴史や、それにちなんだ調理道具もたくさん展示してあります。
入場は無料なので、気軽に立ち寄りしやすいのも魅力の一つと言えるでしょう。

鈴廣かまぼこ博物館

ういろう博物館に続き、小田原にはかまぼこの博物館も存在します。
かまぼこで有名な「鈴廣」が運営するかまぼこ博物館では、かまぼこの歴史資料を見たり、工場見学などができます。
実際に、かまぼこやちくわを手作りするという体験教室もあるので、興味のある人は行ってみましょう。
子ども連れでも楽しく体験できると評判を集めています。

石垣山一夜城歴史公園

https://pixabay.com/images/id-219882/

出典:pixabay.com

石垣山は「笠懸山」の名で親しまれてきましたが、天正18年(1590年)に豊臣秀吉が小田原攻めをする際、その本陣として総石垣の城を築き上げました。
このことから石垣山と呼ばれるようになったのです。
豊臣秀吉は頭も良く、行動力も抜群だったと言われているので、この石垣山を一夜にして築くことで兵士の士気を上げようとしたのではないでしょうか?
石垣山一夜城歴史公園の場所のアクセスはJR小田原駅の隣にあるJR早川駅から徒歩で約50分です。
徒歩では辛いという人には観光バスやマイカーでも行くことが可能です。
秀吉ゆかりの地である石垣山一夜城歴史公園を訪れ、歴史のロマンに浸ってみてはいかがでしょうか?

このように、小田原にはまだまだ隠れた観光スポットがたくさんあります。
これ以外にもご紹介したいスポットもありますが、実際に小田原を訪れて発見するという方が楽しさもありますね。
小田原には有名な観光スポット以外にも、魅力が溢れた場所があることをお忘れなく。
小田原の穴場スポットを巡り、旅行を存分に楽しみましょう!

キュレーター紹介

Tripos公式

Tripos公式

Tripos公式です!

mautic is open source marketing automation